古い本 売る

 

40代の主婦です。本が好きでよく読むので、すぐに本がたまってしまいます。

 

100冊、200冊たまるとスーツケースに詰めるか自転車の荷台に積んで近所のブックオフにもって行っていました。一冊あたり10円見当、100冊ならば1000円、200冊なら2000円くらいで買い取ってもらっていました。でもここのところ、ブックオフへの持ち込みはやめています。

 

テレビで古本店を個人経営している人のドキュメンタリーを見たからです。

 

ネットにウェブサイトを作って「古本の買取募集」をしたり、チェーン展開の古本店(おそらくブックオフのことでしょう)に出向いて「高く売れそうな本で安く売っているもの」を捜したり。

 

地方の辺鄙な場所に大きな倉庫を構えて、自分で管理をしながら他のお店にそれらの本を転売して、生計を立てていると言っていました。

 

「転売!?」と、すごく衝撃を受けました。あとから聞いたら、そう珍しいことではないと分かりました。

 

じゃあ、ブックオフよりも高値で買い取ってくれる古本屋さんを探してみよう

 

テレビでみた個人経営の古本屋さんのように、高値で買い取ってくれる古本店が本当にあるなら試したい!と、すぐにネットで検索しました。

 

するといろいろなお店が出てきます。おそらく個人か、少人数でやっているようなお店が主ですが、わりと大規模な古本屋さんもあったりして目から鱗でした。

 

 

古本買取 定番屋
つい先日利用したんですけど、送った本はそれぞれ、1円から600円までバリエーション豊かな値がつきました。 ちなみに1円だったのは旅行のガイドブック、600円がついたのは企業の創業者が書いた自伝でした。

 

自分で箱詰めして着払いで送るシステムです。最初はどういう値段がつくのか分からなかったので、30冊だけ詰めて送りましたが、3000円近くの値段がついたのには驚きました。1冊あたり約100円ですよ。ブックオフの10倍!買取の流れや買取価格の詳細については別記事にまとめましたので、こちらでどうぞ。

 

私はすべての本の買取価格に納得してすぐに振り込みをしてもらったんですが、一冊でも納得のいかない金額のついた本があると無料で返送してくれるそうです。

 

もっとくわしく

発送時の送料 査定額の提示 評価
30冊以上で無料 一点ずつ 古い本,売る,ブックオフ,定番屋,バリQ, バリューブックス

 

本買取バリューブックス
ビジネス書やコンピュータ関連書籍とかの専門書いっぱいある!っていう人はここがおススメ。ここも上に書いた定番屋さんと同じく、得意ジャンルにヒットすれば「え、こんなに高く買ってくれるの!?」と嬉しい査定額がつきます。

 

ただ、文庫本とか児童書とか、弱いジャンルもあるので公式サイトでよくチェックして、選んで送るといいですよ。

 

公式サイトでもっとくわしく

発送時の送料 査定額の提示 評価
5冊以上で送料無料 合計金額のみ

 

ecofa(エコファ) 「なんでも買い取る」が売り。 詳細ページ
専門書アカデミー 専門書、大学教科書、医学書の買取。詳細ページ
メディカルマイスター 医学書、看護学・薬学の大学教科書や専門書など。詳細ページ
学参プラザ 大学受験参考書・赤本、予備校テキストなど。詳細ページ
Vaboo(バブー) 古本のほかCD、ゲームなども買取強化。詳細ページ
テキストポン 教科書や専門書、医学書、資格試験、就職試験のテキストの買い取り。詳細ページ

 

私がブックオフに売った数百冊、いや数千冊の本はこういうお店に売ったら一体いくらだったのか・・・気が遠くなりますΣ( ̄ロ ̄lll)

 

こうしたお店は「強いジャンル」をそれぞれに持っているのが特徴の様子。マンガの全巻揃っているものの専門店や参考書・学術書を中心に買取するお店などさまざまです。

 

ちなみに私が最もよく利用している定番屋さんは、まんべんなく値をつけてくれますが特に、ベストセラーや新刊は定価の1/3〜半額で買い取ってくれるので新しい本はなるべく早く送るようにしています(買取サービス利用体験記はこちらで)

 

なかには「なんでも買い取ります」的なところもありますが、査定結果(一冊ずつ値段をつけて、報告してくれるお店もあります)をみると、そのお店の強いジャンル・弱いジャンルは何となく理解できたりします。

 

どこもたいてい、本を送るときの送料は無料なので「送り賃分差し引かれて結局安くなるんじゃないの?」と最初は思いましたが、それでもブックオフに売るよりだいぶいい値で買い取ってくれる印象です。

 

古い本を溜めたままにしていた実家。片付けを手伝ってと言われていざ、始めてみると・・・。

 

何年置きっ放しにしていたか分からない本(本棚に入れることもなく、ただ積まれているのもあった)は、なんだか変な匂い(甘いような、臭いような)が漂っていて、カビてシミがついて、黄ばみもあってとにかく汚い。

 

見るだけで痒くてアレルギー起こしそうになってくる感じでした。大量のほこりのせいで滝のような鼻水で咳とクシャミ連発、運気まで下がりそうでした(泣)。そう、古い本って風水的には運気下げるみたいです。わかる気がする。

 

クモのような虫まで出現して気絶しそうになりました。見えなかったけど少しかゆいのが続いたから、ダニもいましたね、確実に。あと、小さい茶色っぽい虫も。チャタテムシっていうんですね、あれ。

 

表紙も黄ばんでしまって。スーパーのチラシとかで表紙を覆っている(ご丁寧にイラストの落書きとかもあった)ものなんかは「昭和からあったね、これ」と思わずにはいられませんでした。アンティーク通り越して化石です。

 

ただ、漫画や絵本などが置かれているのを見ると「私に買ってくれたんだな」といろんな思い出が蘇って一瞬センチメンタルになりました(一瞬ね)。

 

こんな本は買取に出しても仕方がないし、図書館とかへの寄付すらできないので、泣く泣く処分することに。アマゾンとかヤフオクとかで売ったら売れるのもあったかもと後で思いましたが、そんな気力ありませんでした。

 

聞いた話では、まとまった数の古本があれば神保町の古本店が出向いてきて査定してくれる(ブックオフの出張サービスみたいなものかな)とのことですが、それしたら値がついたのかな。いや、二束三文だよねきっと。

 

捨てるにしてもごみ置場まで持っていくのが大変で。特に昔のハードカバーとか料理の本とか重いんですよね。若干痩せたかもと思いましたが、痩せてませんでした(笑)。

 

古い本でも状態が良ければ古書・ヴィンテージ本としての価値を見出されて、買取してもらえることもあるので、本は大事に、きれいに保管すべしと改めて思いました。

 

本にお金を見境なく使うのをやめた

本を読むのが好き!っていうとすごくいい習慣・趣味のように思われますが、マンガや雑誌を含めて見境なく買っていると、本当にお金がかかります。当たり前のことですが。

 

子どものころはお小遣いのほぼすべてを本に費やしていたといっても過言ではありません。むろん、ほとんどマンガです。『なかよし』『りぼん』『ちゃお』『花とゆめ』『少年ジャンプ』『コロコロコミック』・・・・・。

 

小学生の小遣いなんてふっとびますよね。

 

大人になってからもその「本買い癖」は冷めやらず、普通の本を買うだけでなく雑誌の定期購読なども幅広く行った挙句、古本に囲まれる人生になってしまったわけです。

 

古本店で本を処分することを覚え始めたころ「こんなに本いらないんじゃない?」という考えに至るようになりました。

 

最近では買う前に「図書館にあるか」ということを考えます。とりあえずネットで最寄りの図書館のサイトにアクセスして、書名を調べる。

 

するとけっこう、あるんですね。人気の本は回ってくるまでに時間がかかる場合もありますが、これをすることで本にかけるお金が半分程度になりました。

 

もちろん新刊の本や雑誌をリアルタイムで読めないっていう欠点はありますが、慣れてくると「少し遅くても全然平気」みたいな気分になるから不思議です。

 

子どものころはマンガ雑誌の発売日に、本屋へダッシュしたものですが(年齢バレますね)。

 

図書館を活用するのは本当におススメ。図書館なんて利用したことないぞって方は、どうぞ最寄りの図書館へ行ってみる&サイト検索をしてみる、をお試しください。

 

最近の図書館はネット予約すれば家から一番近い図書館まで届けてくれるサービスをしているところがほとんど。私ももっぱらこのサービスを利用しています。

 

一週間くらいは取り置きをしてくれるので、週末とか、時間のあるときに取りに行けばOK。お金をかけずに好きな本が楽しめるし、読み終わったら新しく頼んでいる本を取りに行くときに返却すればいいから、家に古本がたまらないのも気が楽です。

 

おばあちゃんになったら、図書館で本を借りて読書三昧の日々を送りたいと今から楽しみにしています。

 

好きな本三昧の老人生活を送れるように、ちゃんと本が読める体力や知力を維持しないとですね。

更新履歴